我動作比較慢,今天大致上看了一遍,網路上有很多資料可以看收視率,基本上高的就比較有看頭啦,整體上我覺得MSSP比較有可看性,紅白很多暢銷歌都沒有出場。




引用曲目表
http://www1.plala.or.jp/nakaatsu/06sityou.htm

歌手別最高視聴率は今回もやはりSMAPでした。

・オープニングが20%台前半というのはこれまでにない低さです。

・「みんなのうた45年!キッズショー」の直後に登場したスガシカオが36.1%の高視聴率を記録しました。

・第1部の最高は、感情たっぷりに熱唱してくれた大塚愛の37.6%でした。森昌子も37.4%と注目の高さが視聴率にも表れました。

・第2部一番手の絢香は37.8%の高視聴率を記録。しかし、人気ポップス歌手が続いたにもかかわらず第2部前半は意外にも30%台を推移しました。

・TOKIO、DJ OZMA、今井美樹、コブクロ、倖田來未などの注目歌手は順当に視聴率を伸ばしました。

'06 歌手別視聴率ベスト10
1SMAP48.8% 6五木ひろし46.3%
2倖田來未47.3% 7コブクロ45.5%
2DREAMS COME TRUE47.3% 8天童よしみ42.1%
2川中美幸47.3% 9小林幸子41.9%
5北島三郎47.0% 10DJ OZMA41.8%




引用
http://www1.plala.or.jp/nakaatsu/06kyokujun2.htm


司会者
紅組司会 仲間由紀恵 2年連続2回目の司会。老若男女に圧倒的人気を誇る女優。安定した司会は昨年実証済みです。
白組司会 中居正広 8年ぶり3回目の司会。アイドルらしからぬ絶妙な司会で番組を盛り上げます。

※出場順の下の数字は出場時間の目安です。
  (箇所によっては10分以上の誤差が生じる可能性があります。)
※歌手名のあとのかっこは紅白の出場回数です。

第1部(7:20~9:25)
1
(7:23)
mihimaru GT (初)
「気分上々↑↑」
2003年結成の2人組。「気分上々↑↑」などのヒットで今年を代表するアーチストとなりました。
2
(7:27)
w-inds. (5)
「ブギウギ66」
今年も立て続けに新曲をリリース。「ブギウギ66」は早くも通算20枚目となるシングルです。
3
(7:31)
BoA (5)
「七色の明日~brand new beat~」
韓国と日本のみならず、アジア各国で絶大な人気を誇ります。5月に日本デビュー5周年を迎えました。
4
(7:35)
鳥羽一郎 (19)
「兄弟船」
誰もが知っている鳥羽一郎の代表曲「兄弟船」。紅白では新記録となる6回目の歌唱です。
5
(7:40)
長山洋子 (13)
「絆」
作曲家・影山時則とのデュエット曲「絆」がファンの要望に応えてシングル化、ヒットしました。
6
(7:44)
SEAMO (初)
「マタアイマショウ紅白ミックス」
“シーモネーター”改め“SEAMO”として活躍するラッパー。「マタアイマショウ」で大ブレイクしました。
7
(7:48)
坂本冬美 (18)
「祝い酒」
人気・実力共に日本を代表する演歌歌手。「祝い酒」は初出場の昭和63年以来の歌唱です。
8
(7:52)
北山たけし (2)
「男の拳」
北島三郎の付き人を8年間務め2004年に念願のデビュー。昨年紅白初出場を果たしました。
9
(7:56)
GAM (初) & モーニング娘。 (9)
「Thanks! 歩いてる 2006 Ambitiousバージョン」
総勢9人のスペシャルユニット。「歩いてる」はモー娘として3年半ぶりのオリコン1位を獲得しました。
10
(8:01)
Aqua Timez (初)
「決意の朝に」
2003年結成の5人組。ストレートで前向きな歌詞が若者のみならず多くの人の心に響くはずです。
11
(8:05)
藤あや子 (15)
「雪深深」
演歌界を代表する美人歌手。今年も美しく艶やかなステージが期待されます。
12
(8:09)
細川たかし (32)
「浪花節だよ人生は」
初出場から32年連続出場という大記録を更新。この記録は今後もまだまだ伸びそうです。
みんなのうた45年!キッズショー
13
(8:20)
スガシカオ (初)
「Progress」
「Progress」はNHK『プロフェッショナル』の主題歌。迷っている人へ道すじを示してくれそうな曲です。
14
(8:24)
伍代夏子 (13)
「金木犀」
高齢層を中心に安定した人気。多くのファンが待ち望んだ5年ぶりの伍代節です。
15
(8:28)
堀内孝雄 (17)
「愛しき日々」
「愛しき日々」は昭和61年のヒット曲。堀内が演歌歌手としてスタートを切った大切な曲といえそうです。
16
(8:32)
平原綾香 (3)
「誓い」
「誓い」はNHKのトリノ五輪テーマソング。この曲を聴くと数々の名場面が思い出されます。
17
(8:36)
美川憲一 (23)
「さそり座の女2006」
昨年は越路吹雪の「愛の讃歌」で豪華衣装を封印。今年は派手なステージで楽しませてくれそうです。
18
(8:40)
大塚愛 (3)
「恋愛写真」
今年は初主演映画『東京フレンズ The Movie』で女優としても活躍の場を広げました。
19
(8:44)
香西かおり (14)
「最北航路」
様々な歌を歌いこなす実力派。「最北航路」(作詞:池田充男)は今年の日本作詞大賞受賞曲です。
20
(8:48)
ORANGE RANGE (2)
「チャンピオーネ」
「チャンピオーネ」はNHKのFIFA W杯サッカーテーマソング。大会期間中は連日耳にした曲でした。
21
(8:53)
夏川りみ (5)
「花(すべての人の心に花を)」
沖縄から生まれた不朽の名曲「花」。夏川の透き通る歌声で心に響くステージになるでしょう。
22
(8:57)
布施明 (22)
「イマジン」
抜群の歌唱力は紅白に不可欠な存在。今年は平和への祈りを込めて「イマジン」を歌います。
23
(9:01)
森昌子 (15)
「バラ色の未来」
今年本格的に歌手復帰。20年ぶりのシングル「バラ色の未来」で変わらぬ歌声を披露してくれます。
24
(9:05)
前川清 (16)
「長崎は今日も雨だった」
クール・ファイブのリーダー内山田洋氏が今年亡くなりました。紅白でかつてのメンバーが集結します。
25
(9:09)
BONNIE PINK (初)
「A Perfect Sky」
蛯原友里のCM曲が自身最高のオリコン5位。デビュー11年の実力が開花した一年となりました。
26
(9:13)
ゴスペラーズ (6)
「ふるさと」
6年連続出場中、もはや紅白に欠かせないグループ。今年は童謡「ふるさと」を美しく歌い上げます。
27
(9:17)
石川さゆり (29)
「夫婦善哉」
演歌の女王と呼ぶにふさわしい大歌手。今年は夫婦のすばらしさを描いた「夫婦善哉」を聴かせます。
28
(9:21)
森進一 (39)
「おふくろさん」
日本歌謡史に残る名曲を数々持つ大歌手。しかし、昨今は離婚や体調不良など苦難が続きました。

中断ニュ-ス(9:25~9:30)

第2部(9:30~11:45)
1
(9:30)
絢香 (初)
「三日月」
抜群の歌唱力を持つ19歳。「三日月」などのヒットで今年もっともブレイクしたアーチストとなりました。
2
(9:34)
WaT (2)
「5センチ。」
ウエンツ瑛士と小池徹平の人気ユニット。昨年はマイクスタンドが倒れるハプニングがありました。
3
(9:39)
浜崎あゆみ (8)
「JEWEL」
日本の音楽シーンを引っ張るトップアーチスト。今年はしっとりとしたバラード「JEWEL」を歌います。
4
(9:44)
スキマスイッチ (2)
「ボクノート」
デビュー3年目の2人組ユニット。「ボクノート」は映画『ドラえもん のび太の恐竜2006』の主題歌です。
5
(9:48)
中島美嘉 (5)
「一色」
「一色」は自身が主演する映画『NANA2』の主題歌。今回はGLAYのTAKUROによるプロデュースです。
6
(9:52)
TOKIO (13)
「宙船(そらふね)」
ドラマにバラエティーに歌にと大人気の5人。今年は中島みゆき作詞作曲の「宙船」が大ヒットしました。
2006スーパーレビュー
7
(10:10)
aiko (5)
「瞳」
「瞳」はアルバム『彼女』に収録されている隠れた名曲。果てしない“愛”が詰まった珠玉の一曲です。
8
(10:15)
ポルノグラフィティ (5)
「ハネウマライダー」
広島県因島出身の二人組。この夏ヒットした爽快なナンバー「ハネウマライダー」を聴かせます。
9
(10:19)
小林幸子 (28)
「大江戸喧嘩花」
今や年末の風物詩とも言われる豪華衣装。今年も期待を裏切らないステージを見せてくれそうです。
10
(10:24)
DJ OZMA (初)
「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」
DJ OZMAは氣志團の綾小路翔。放送ギリギリの派手なパフォーマンスで盛り上げてくれそうです。
11
(10:28)
アンジェラ・アキ (初)
「HOME」
温かい歌詞、美しいピアノの旋律、心に響く歌声。じっくり聴き入るステージになりそうです。
12
(10:32)
さだまさし (18)
「案山子」
家族の温かさをこれ以上見事に歌った歌はありません。故郷と都会をつないでくれる名曲です。
13
(10:37)
水森かおり (4)
「熊野古道」
「鳥取砂丘」などのヒット曲を持つご当地ソングの女王。今年の歌の舞台は紀伊地方の世界遺産です。
14
(10:41)
氷川きよし (7)
「一剣」
とてつもない人気を誇る演歌界のプリンス。演歌歌手としての売り上げ記録を多数塗り替えています。
15
(10:46)
今井美樹 (初)
「PRIDE」
デビュー20年目にして待望の初出場。夫・布袋寅泰のギターサポートを受けて「PRIDE」を歌います。
16
(10:51)
徳永英明 (初)
「壊れかけのRadio」
今年デビュー20周年。難病を克服して活躍する姿は多くの人に勇気を与えてくれるはずです。
17
(10:56)
和田アキ子 (30)
「Mother」
「Mother」は母への感謝の気持ちが詰まった曲。昨年10月に亡くした母へ捧ぐステージとなりそうです。
18
(11:00)
秋川雅史 (初)
「千の風になって」
大切な人を失ってつらく苦しい思いをしている多くの人へ、とにかくじっくり聴いてほしい歌です。
19
(11:04)
天童よしみ (11)
「いのちの限り」
群を抜く圧倒的な歌唱力と親しみやすいキャラクターで幅広い層に絶大な人気があります。
20
(11:08)
コブクロ (2)
「風」
今年はベストアルバム『ALL SINGLES BEST』が大ヒット。「風」はその中でも特に人気の名曲です。
21
(11:13)
倖田來未 (2)
「夢のうた」
昨年は“エロカッコイイ”で注目されましたが、今年は歌手としての魅力がさらに増した一年でした。
22
(11:17)
五木ひろし (36)
「高瀬舟」
日本演歌界を代表する大御所。「高瀬舟」は「長良川艶歌」以来21年ぶりのTOP10入りを果たしました。
23
(11:21)
DREAMS COME TRUE (11)
「何度でも LOVE LOVE LOVE 2006」
紅白11回目の大御所バンド。どれだけの人がその音楽に慰められ元気づけられたか計り知れません。
24
(11:26)
SMAP (14)
「ありがとう」
日本を代表するエンターテナー。これほど多くの人に長く愛され続けるアイドルはそうはいません。
25
(11:31)
川中美幸 (19)
「ふたり酒」
今年デビュー30周年。川中の名を世に知らしめた昭和55年のヒット曲「ふたり酒」で初のトリを飾ります。
26
(11:35)
北島三郎 (43)
「まつり」
紅白最多出場記録保持者。40余年にわたって演歌の心、日本人の心を歌い続けています。

abort 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()