今天天氣變了,在家沒事做拿出放很就的電影來看,先看抓圖吧




簡介

業界初の試みとして映画からドラマへと広がった海洋エンタテイメント『海猿』が、再びスクリーンという海に戻ってくる。映画第一作『海猿』(2004年6月12日東宝系公開)は、興行収入17億4千万円の大ヒット。続くドラマ『海猿 EVOLUTION』(2005年7~9月・フジテレビ系列)はドラマ満足度調査(オリコン7月期調査)で第1位を獲得、DVDも好セールスを記録。本作もまたこの一大プロジェクトのファイナルを飾るにふさわしい映画となっている。 今回も海上保安庁の全面的な協力を得て、日本映画史上類を見ない水中・海上撮影を敢行。最大の難関である大海難事故を表現するため、鹿児島・宮崎ロケのほか、大掛かりなセットとCGも導入。しかしダイビングシーンはキャストたち自らの熱演によるもので、それが迫力と感動を生み出している。 今回、『海猿3』とは謳わず、タイトルは『LIMIT OF LOVE』。現場もまた“限界”なき熱さだったが、本編でも“至極”の愛、“限界”のドラマ、そして生と死の“境界”が描かれる。潜水士として、男として、人間として“極限”を超えた状態で放たれる大輔の最後の愛の言葉。そこで誘われる涙は、まさに“限度”なく流れ落ちるはずだ。仙崎大輔のラスト。一大スケールの究極の純愛ストーリーを見届けてほしい。
官方網站
LIMIT OF LOVE 海猿 - トップページ
http://www.umizaru.jp/



看完的心得~~嗯~~導演是想給 Michael Bay 賣靠背 致敬吧,電影走向就是災難加愛情,狗血度普通,沒有生離死別,要下的不是很重。

男主角 伊藤英明 演的是名海上救難隊的隊員,我的直覺就想到 め組大吾,熱血友情加上救人的大愛,め組大吾 也是關於救人的,但是當中的大吾沒有失敗過,並沒有走上如果失敗要振作的劇情,海猿中就是以這劇情出發,當然救難隊這個工作就是一定會遇到這問題,也許會天天上演,其中的的問題就是職業的專業,當然一般人可能比較難以理解,走這劇情不是很王道,災難片也不已這為中心,這腳本應該避免。

加藤あい飾演主角的未婚妻,想起世界末日裡的女主角,實在是不夠美阿。
佐藤隆太,男配角,也就是拖油瓶的腳色,當然也扮演了劇情的AMP。
時任三郎 這是最搞笑的吧,如果把他的部分都剪成一片,冠上庫斯拉片名也不奇怪吧。


abort 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()